1. > ホーム
  2. > News詳細
2015年10月20日
経営者全国会議2015が開催されました!

 

エア21車検経営者全国開催2015開催のお知らせ

  AIRオートクラブ(丹野司会長)損保ジャパン日本興亜ビジネスソリューションズ株式会社(東京都新宿区、坂本淳一取締役社長)は10月20日に「エア21車検経営者全国会議」を開催した。今回で15回目の開催となり、全国から加盟店118社が参加した。現場力を活かした加盟店の好取組事例を紹介したほか、電話応対や車検台数の増加率が好実績だった加盟店の表彰を行った。

 

  今年度は、昨年の「現場力」に引き続き、「更なる現場力の強化」をコンセプトに会議を開催。自動車整備業界の喫緊の課題である人材不足に対して、女性や外国人労働者の力を活用して対応している事例を紹介した。人材不足に対して決定的な対応策を持たず、新規雇用に悪戦苦闘している会社にとって新しい解決策の一つとして注目を集めそうだ。

 

  また、女性や外国人労働者の力を活用することのメリットは人材不足の解消だけに留まらない。現在まで培ってきた会社の力に新しい力が加わることにより組織の活性化にも一役買っている。そして、人口減少による顧客の減少に対しても一定の効果が見込めそうだ。

 

 今回の会議で、女性整備士を採用している事例を発表した加盟店では「職場の雰囲気が明るくなり、女性のお客さまでも気軽に入店しやすくなった。」「店舗のトイレのリフォームを行った。男女別々になりお客様から好評いただいている。」など、女性ならではの気づきが顧客満足に繋がっていると発表した。外国人を採用した加盟店からは、海外人材の活用と外国人技能実習制度活用について具体的な事例が紹介された。「整備要員の増強だけでなく、積極的にコミュニケーションを取ることにより現場の雰囲気が良くなった。結果として組織の活性化に繋がった。」と現場からの評判も上々だ。今後はこれらの取り組みを加速させ、人材の定着と更なる現場力の強化を行い、全国でも類を見ない自動車整備会社となることを目論む。

 

会議の参加者からは「様々な業界でダイバーシティの推進が進められている現在、自動車整備業界だけが時代の潮流に取り残されている。今回の会議を機に、我々が業界の旗頭となり、業界全体を牽引していきたい。」「外国人や女性の採用には二の足を踏んでいたが、しっかりとした体制を整えれば不可能ではない。それどころか他社と差をつける最大の武器に成り得る。」と前向きな意見が出ていた。